ポケットwifiのsimロック解除の方法

simフリーモデル以外で通信事業者から購入したポケットwifiには原則としてsimロックがかかっており、周波数帯の異なる他の通信事業者のsimカードは利用できない仕組みになっていますが、simロック解除を行う事でそのポケットwifiが対応する周波数の範囲内で格安simをはじめとする他社のsimカードを利用出来るようになります。
simロック解除を行うためには、総務省が定めたガイドラインにより購入後から100日以上経過するのが条件となっており、101日目から通信事業者に手続きを申し込む事が可能となります。
simロック解除の申し込み手続きは通信事業者の本支店や家電量販店などに開設しているサービス窓口へ直接ポケットwifiとsimカードを持参して全ての作業を任せる方法の他にも、電話やインターネットの公式ホームページから申し込んでユーザー自身がいくつかの作業を行う方法があります。
後者の方法で申し込んだ場合は、受理されると通信事業者のサーバー側から対象となるポケットwifiに対するsimロック解除の下準備の処理が行われた後でsimロック解除コードが発行され、ユーザー宛に郵送などで通知されます。
ここから先はポケットwifiの機種により操作方法が異なり、液晶タッチパネルなどのユーザーインターフェイスを搭載したポケットwifiの場合は他社のsimカードを挿入してから電源を入れ、ロック画面を解除するとsimロック解除コードの入力を求めるフォームが表示されます。
ユーザーインターフェイスを搭載していないポケットwifiの場合は、他社のsimカードを挿入してからUSBケーブルでパソコンに接続してから電源を入れて専用のアプリケーションやインターネットブラウザから設定画面にログインするとsimロック解除コードの入力を求めるフォームが表示されます。
それぞれコードの入力が済んでからしばらく待つとsimロック解除が完了します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です